The trip over the mysterious legend of Kyoto thrills you!

Yasaka Shrine

FrontPage > Eastern Kyoto > Yasaka Shrine

Yasaka Shrine  

疫神社  

疫神社

Yasaka Shrine は「祇園さん」という別名で呼ばれており、古い Kyoto の雰囲気を最もよく残している場所である。
また Yasaka Shrine は全国の八坂社および祇園社の本社でもある。
Yasaka Shrine の祭神はスサノオノミコトであるが、本来は Somin Shorai の奇怪な伝説で知られる Gozu Tenno を祭る疫病除けの神社として始まった。
西楼門をくぐったすぐ先の疫神社は、その信仰を伝えるもので、またの名を Somin_Shorai_sha
毎年7月に行われる有名な Gion Matsuri も、平安時代に、京の都に流行した疫病を Gozu Tenno の威力を借りて追い払った祇園御霊会が起こりである。

Somin Shorai legend  

昔々、伊勢の二見の里に、Kotan Shorai と Somin Shorai という兄弟が住んでいた。

兄の Kotan は豊かで、弟の Somin は貧しかった。

ある夜、何者かが Kotan の家の門を叩いた。

Kotan が門を開けてみると、身の丈が軒に届くほどに高く、異様ななりをした大男が立っている。

顔もまた奇怪で、頭には角が生え、まるで牛を見るようである。

男は、『旅の者だが、日が暮れて困っている。一夜の宿をお借りしたい』と言った。

しかし Kotan は、こんな奴を泊められるかと、ピシャリと戸を閉めてしまった。

次に男は、Somin の家を訪ねた。

Somin は快く男を迎え入れ、食事などを世話してやった。

Gozu_Tenno

それから何年かの後に男はまた Somin の家を訪ねて来た。

そして男は Somin 一家に茅の輪を与えて腰につけさせると、

『今夜は家を出るな』

と言い残して去っていった。

するとその夜、村を疫病が襲い、Somin 一家以外は皆死んでしまった。
 
この男は、Gozu Tenno という悪疫退散の神であったといわれる。
後に、KyotoYasaka Shrine に祭られ、Gion Matsuri の起こりになった。
Gozu Tenno の出自ははっきりとはわからないが、インドの祇園精舎の守り神であったともいわれている。
三重県二見町松下の松下神社の森が、その昔 Somin Shorai が住んでいた所であるとされ、Somin の森と呼ばれている。
Gozu Tenno がスサノオノミコトと同一視されだしたのは、後世になってからである。

A garden lantern of Tadamori  

A garden lantern of Tadamori

境内中央の本殿の右手前、石柵の中に一基の stone lantern が立っている。
これは、白河上皇が、愛人である Gion_nyogo の屋敷に通う夜道に現れた ghost を、従者の Taira_no Tadamori が組み伏せたという話にまつわる stone lantern で、ghost と思ったのは garden lantern に火を入れに来た老法師だったという。
Tadamori の勇気に感服した白河上皇は、このあと寵愛する Gion_nyogo を褒美にとらせ、やがて生まれた子が、のちのTaira_no Kiyomori であったという。

Yasaka Shrine:The pilgrimage of Kyoto shrine - YouTube  


Gion_nyogo_zuka  

Gion_nyogo_zuka

Yasaka Shrine 南楼門から長楽寺へ向かう参道を円山音楽堂側に右折してすぐ、鉄筋コンクリートの祇園寺の正面右側にあるのが Gion_nyogo_zuka で、

この辺りに白河上皇の寵愛する Gion_nyogo が住んでいたと言われる。

昔は「この地から動かす者には必ず祟りあり」と言われて恐れられ、

手入れされず草の茂った小高い空地だったそうだ。

次は Chion_in Temple

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional