The trip over the mysterious legend of Kyoto thrills you!

San_nen_zaka・Yasaka Pagoda・Rokudo_chinnoji Temple

FrontPage > Eastern Kyoto > San_nen_zaka・Yasaka Pagoda・Rokudo_chinnoji Temple

San_nen_zaka・Yasaka Pagoda・Rokudo_chinnoji Temple  

San_nen_zaka  

San_nen_zaka

Kiyomizu Templeをあとにして、土産物店が並ぶダラダラ坂を下ると、

右手にSan_nen_zakaの石段が見えてくる。

San_nen_zakaという名前は、大同三年(808年)に開かれたことに由来する。

この坂は、Kyotoの中でもひときわ風情ある情景を形づくっているが、

ここで転ぶと、3年以内に死ぬという何やら恐ろしいいわれもあるのだそうだ。

Yasaka Pagoda・Yasaka Koshindo  

Yasaka Pagoda

San_nen_zakaをそのまま道なりにYasaka PagodaKyoto市東山区八坂通)の横を抜け、Yasaka Koshindoの前を通って東大路へと出る。

Yasaka Pagodaは東山の点景に欠かせない風雅な五重の塔である。(高さは46メートル)

過去何度か傾いたという伝説があり、一度は塔を建てた大工の棟梁の息子が庚申様の霊験で元に戻したのだそうだ。

その庚申様を祭ったのがYasaka Koshindoだという。


Kyoto Photo Trip to Higashiyama Night - Around Yasaka Pagoda -  


Rokudo_chinnoji Temple  

Rokudo_no_tsuji

Rokudo_chinnoji Temple Kyoto市東山区大和大路通)は、Yasaka Koshindoから東大路を突き抜けて、一つ目の小路を左に折れ、次に右に折れた所にある。
平安初期の参議で学者としても名高い小野篁が、閻魔大王と友人になるために冥界に通ったといわれる処である。
Rokudo_chinnoji Templeの門前は、この世からあの世へ迷い込む六道の辻と呼ばれてきた。
境内右手にその篁を祭ったお堂がある。
格子戸の小窓を覗くと、篁と閻魔大王の巨像が並ぶ。
暗くてはっきりしないが、周りには異形の者たちの像も見える。
開帳は8月7日〜10日。
この期間は「六道参り」といって参拝者が押しかけ、門前市をなす。

お堂のすぐ隣に密閉式の鐘楼がある。
ここに納められている迎えの鐘は、一打ちすれば十万億土へ響き伝わり、その音を頼りに精霊がこの世に戻ってくるという。
鐘は見ることができないが、穴から出ている綱を引くとコーンと音がして、美しい余韻を引きながら伝わってくる。
思わず姿勢を正して合掌してしまうほどの霊妙な響きである。

次はHokoji Temple

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional