The trip over the mysterious legend of Kyoto thrills you!

Kurama Temple

FrontPage > Northern Kyoto > Kurama Temple

Kurama Temple  

Northern Kyoto ( Rakuhoku ) の Mt.Kurama は、魔性の山の響きすら持つ、昼なお薄暗い神仙境である。
Northern Kyoto の守護役を受け持つ名刹・Kurama Temple は、Mt.Kurama の南面中腹、Kyoto city を見下ろす台地の上に建っている。

Kurama stationを出て、出格子の家並みが続く門前町を 5分ほど歩くと朱塗りの仁王門が堂々たる姿を現す。
仁王門をくぐったところで、ルートは二つに分かれる。

Kurama Temple 石段
  1. 左に進めばつづら折りの旧参道である。
    途中に、Kurama の Fire Festival で有名な由岐神社、義経公供養塔などがある。
    本堂までは、老杉の間を縫って約20分の行程だ。
  1. 歩くのが苦手な人はケーブルカーを利用すればよい。
    ただし、ケーブルカー終点の多宝塔駅から本堂まで500mほど歩く必要がある。
    本堂は、急な石段を登った、やや開けた台地の上にその姿を見せる。

KuramaTemplelegend  

KuramaTemple は、宝亀元年( in 770 )、鑑禎上人の開基と伝えられる。

が、霊山としての歴史は途方もない超太古までさかのぼる。

寺伝によれば、650万年前、人類の進化を司るべく、金星から地球の霊王として派遣された「魔王尊」サナト・クマラが降臨したところだという。

KuramaTemple の the Hondo にはサナト・クマラの魔王像を祭ってあるが、秘仏として内陣の奥深く、帳の中に鎮座しており、普段は拝観できない。

60年に一度、丙寅(ひのえとら)の年にのみ開帳されるだけだからだ。

残念ながら、昭和61年 ( in 1985 ) に開帳されたばかりである。

The Hondo から徒歩20分の奥の院は、サナト・クマラが降臨した場所である。

巨石群(「磐座」いわくら)の中に、魔王尊を奉安する魔王殿が万古の謎を秘めてたたずみ、神秘感はいやがうえにもつのってくる。
Kurama Temple 魔王殿

Kurama Temple on the New Years' Day 2008 - YouTube  

"2008 Japan Kyoto Kurama Temple Pay a visit to a shrine temple on the New Years' Day"

Kibune Shrine

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional